働きながらの子育てをサポートする 葛飾区保育ママ情報

中山ママの保育中を見てきました(2013年8月2日撮影)
AM
10:20
お散歩にでかけます
日焼け予防のためのクリームを塗っています。こういうスキンケアは保育ママならではです。自分で子どもをお散歩に連れていく時はなかなか塗れないものです。青いエプロンは補助者の相川さんです。
近所の小学生も一緒です
この日は、近所のみおとちゃん(9才)、エスターちゃん(9才)も一緒にお散歩に行きました。とても自然な流れで、いつの間にか隣にいる感じです。子どものコニュニケーション力には驚かされます
 
公園到着です
公園に到着すると、みおとちゃん達がお手伝いしてくれました。毎日のことではありませんが、こういう他の子ども達との交流もあって、楽しい雰囲気です。赤いエプロンが中山ママです。
今日はしゃぼん玉遊びです
しゃぼん玉を出す機械みたいなのを使っています。最近は100円shopでいいのがたくさんありますよー、とのことでした。家族で100円shopに行かれたら、是非おもちゃコーナーへGOです!
 
甘えん坊のサキちゃん
今日は会った時からず っとこの調子です。見慣れないカメラがあるのでコワイかな?中山ママは大事そうにサキちゃんの欲求に応えてあげていました。
みんなでしゃぼん玉です
中山ママはずっと子ども達の名前を呼んだり声かけをしながら遊んでいました。さりげなく、当たり前のようにされていましたが、なかなかできることではありません。こういうところがプロを感じます
 
よく走るコウくん
コウ君は、活発に走り回り、活動的な時間でした。こういう活発な動作は身体の形成に非常に効果的です。もちろん中山ママは「あっち行っちゃダメー」とは言いません。
しゃぼん玉液に興味しんしん
子どもはなぜか、こうあまり触ってほしくないものに興味を示しますね。しゃぼん玉より液のほうに手を伸ばすことがありました。カラフルな容器が気になるのかもしれませんね。
 
みんな集まってきました
気が付くと、色々な年令の子どもがどんどん集まってきました。近所のお兄ちゃん、お姉ちゃん達に囲まれて、楽しいお散歩タイムになりました。解放感があってとても良い雰囲気でした。
帰ったら手を洗います
お散歩から帰ったら、手を洗います。子どもを抱えて洗ってあげています。当たり前の動作ですが、この態勢、腰が痛くなるんですよ。保育ママに腰痛持ちの人は少ない気がするのですが、気のせい?
 
中山ママ宅の洗面所です
水場ってあまり人に見せたくないですよね。ここのお宅では、なんとクローゼット洗面所なのです!初めて見ました。扉があるだけでスペースを有効活用できます。マネしたい。
クローゼット洗面所!
扉を閉めた状態の洗面所です。よく考えつきましたよね。この扉のおかげで、保育スペースをさらに広々と使うことができていました。工夫って大事ですね。
AM
11:10
昼食の準備です
昼食の準備は、こぼしてもいいようにシートを敷くところから始まります。こぼしてもいい状況を作ると、食事中に子どもがこぼしても慌てなくてもよくなります。自宅でもそういう環境を作ってみましょう。新聞もオススメです
昼食の準備です②
2人ともきちんと座って待っています。中山ママは昼食の準備中です。その間、相川さんが絵本を見せて興味を引きつけていました。補助者がいると、こういう技が使えます。
 
昼食の準備です③
中山ママのところはお弁当です。おかずを温めてプレートに移しています。子どもたちの食器はおそろいの物を使っています。汁物は保育が始まる前に、中山ママが作ってくれています。有難いです。
配膳しています
中山ママと補助者の相川さんで、ほぼ同時に2人の子ども達に配膳されています。おしぼりは、1人1本です。家庭に子どもが複数いるお母さん、1人1本のおしぼりを用意してみましょう。便利ですよ
AM
11:20
コウ君のお弁当です
おにぎりが小さくて、とても食べやすそうです。お父さんが作ってくれたそうです。コウくん(1才4ヶ月)は、基本は手づかみ食べなので、今日の大きさ、柔らかさ、共にバッチリです。
モリモリ食べています
コウくん、しっかりつかんで口に運んでいます。手づかみ食べは、食材の固さや、大きさを把握したり、口へ運ぶ感覚を養ったり非常に重要なので、思う存分させてあげましょう。
 
サキちゃんのお弁当です
今日のメニューは焼きそばです。しかも本当においしそう!サキちゃん(1才4ヶ月)も基本は手づかみ食べの時期なので、つるつる、ビヨーんと伸びるめん類は、食材の感覚を養うのにとても効果的です
食事のお手伝いをします
コウくんはお味噌汁が大好き!いつもおかわりします。普段の水分補給をあまりしないタイプなので、中山ママはお味噌汁をたくさん与えていました。これで水分補給はOKです。
 
食事のお手伝いをします②
サキちゃんは相川さんがスプーン運びをサポートしていました。この時期のスプーン使いを教える(手伝う)のは非常に繊細です。さりげなく優しく、本人のヤル気に寄り添ってあげていました。
自分でスプーンも使います
スプーンを使ってご飯をすくい、口へ運ぶ動作もみられます。この 動作が見られると、もうすぐ手づかみ食べも終わりです。この時期は本人のやりたい気持ちを尊重し、自由にやらせてあげましょう。
PM
12:00
昼食後は手を洗います
この日の昼食時間は40分でした。家で40分かけるとなると案外大変です。ゆっくり食事に付添ってあげる中山ママでした。その日、その子の体調に合わせて時間配分が変わるのは保育ママならではです。
昼食セットを片付けます
食べ終わるとすぐにテーブルなどを片付けます。中山ママのところには補助者がいるので仕事を同時に進めることができます。とても手際がいいので、子どもたちがイタズラすることはありませんでした
 
昼食後の軽い運動です
中山ママは、昼食後は軽く身体を動かして胃腸の消化吸収を促すという考えから、午眠の前に、少しこういった遊びの時間があります。リラックスした環境の中で子どもたちが自由に動く時間でした。
中山ママは後片付け中です
子どもたちが相川さんと遊んでいる間、中山ママは食器洗いをされていました。このお宅では対面キッチンなので、声かけと目配りをしながら家事仕事ができて育児しやすい環境でした。
 
コウくん、上機嫌です
お腹いっぱいになって満足したのでしょう。いい表情で自由に動き回っています。男の子らしく、ジャングルジムで遊ぶのがお気に入りのようで、登ったり降りたり、活発な動作が見られました。
サキちゃんはお買いもの?
気に入ったおもちゃを自分で取り出し、自由に遊んでいます。まるでお買いものに出かけるかのようで、小さいお母さんのようです。外遊びとはまた違ったリラックス感を感じました。
 
動く動くサキちゃん
最初は緊張気味でずっとだっこちゃんでしたが、すっかり気を許してくれたようです。リラックスした雰囲気の中で、いい表情でよく動き回っていました。
午眠前のオムツ替えです
保育ママも、保育園も同じですが、我が子のオムツを替えてもらうのは本当にありがたいですね。毎日のことで、1日何度もあるわけで、キレイなわけでもないですし、保育者さんには頭が下がります。
 
午眠前のオムツ替えです②
オムツ替えの間も、声かけが止むことはありません。大事なことだとわかっててもなかなかできないですよね。しっかり目を見て優しく話しかけてくれるオムツ替えは、子どももきっと嬉しいでしょうね
遊びの時間延長です
ソファーの下が気になるようです。2人で一緒に下をのぞいていました。性別は違いますが、月齢がほぼ一緒の2人なので、遊び方が似ていて双子のようでした。
PM
12:35
お昼寝の準備です
カーテンを閉めて、お昼寝の準備が始まりました。部屋を暗くするというよりは、光を和らげるという感じで、いい具合に気持を切り替えるポイントになっているようです。
お昼寝の準備です②
お布団を敷いています。サキちゃんはすぐにゴロンと横になって、お昼寝の時間だということを理解しているようでした。子どもは毎日の繰り返しによって少しずつ生活のリズムを身につけていくのです
PM
12:40
絵本で心を落ち着かせます
絵本を見せたり、読んだりすることで、心を落ち着かせて、お昼寝へと切り替えていきます。ついさっきまで活発な動作が見られた2人も、次第にゆっくりとした呼吸になるのを感じました。
おんぶで睡眠導入します
おんぶで寝かしつける準備をしています。たっぷり外遊びをして、お腹一杯になり、軽く動いたあとは、子どもが大好きなおんぶです。預かる子どもにもよると思いますが、今年度の2人はおんぶのようです。
PM
12:48
おんぶで睡眠導入します②
子どもは眠くても簡単には寝られません。グズったりすることもしょっちゅうですよね。中山ママはおんぶで睡眠導入されているのでこの2人はきっと安心していることでしょう。
ゆらゆらタイム、サキちゃん
おぶった上からバスタオルを巻き、お尻をトントンしながらゆらゆらしています。さっきまでとは一変して、とても静かな環境が作られました。こういう短時間での切り替えはさすがです。
 
ゆらゆらタイム、コウくん
サキちゃん同様、おぶった上からバスタオルを巻き、お尻をトントンしながらゆらゆらしています。2人とも、おぶられた瞬間から静かになりました。
お昼寝しました、コウくん
あっという間に、寝ちゃいました。ゆらゆらタイムは2分ほどでしょうか。気持よさそうなお顔です。1才4ヶ月の子どもとはいえ、重たいはずです。子どもを預かってもらえることは本当に感謝ですね
 
お昼寝しました、サキちゃん
サキちゃんもすっかり夢の中です。ほぼ同時に寝入ったようで、あっという間でした。家でおんぶでお昼寝させることはなかなかできませんから、保育ママの愛情の深さと努力を感じずにはいられません
ゆっくり降ろして横にします
寝入ったことを確認すると、すぐにそーっと降ろして布団に寝かせます。月齢のせいでしょうか、お腹いっぱいのせいでしょうか。目を覚ますことはありませんでした。優しくバスタオルをかけます。
 
静かに大事に降ろします
このおんぶから降ろして布団に寝かせる動作は、実は結構難しいですよね。うわーんって起きてしまうことがよくありますが、さすがは保育ママ、上手に寝かせていました。
すっかり夢の中です
おんぶから、この段階まで大体20分くらいでした。子どものリズムって、思っているほど長引いたりしないものですよね。想像以上に短時間で満足してくれることが多いのには、いつも驚かされます。
 
お茶をご馳走になりました
子どもたちがお昼寝し、やっと一段落ついたところです。中山ママに冷えたお茶をご馳走になりました。実はすごく喉が渇いていたのでとても嬉しかったです。おいしいお茶でした。
すぐに連絡帳などの記入です
1人ずつ連絡帳などを記入しています。とても細かい作業ですが、子どもの体調が変だな、と思った時など、この記録が非常に役立ちます。保護者の方との大事なコミュニケーションツールでもあります
 
ザ・睡眠観察記録票!
こちらのお宅にもありました。睡眠観察記録票です。葛飾区から10分おきに記録するよう指示があります。大変な作業の一つだと思います。
コウくん連絡帳カバー
中山ママは、携帯で子どもの写真を撮って保護者の方にメールで送っています。その写真を集めて、コウくんのお父さんが連絡帳カバーを作られていました。とってもカワイイ素敵な連絡帳でした。