働きながらの子育てをサポートする 葛飾区保育ママ情報

信澤ママの保育中を見てきました(2014年3月7日撮影)
AM
09:15
朝ごはん!?
朝食をあげるところです。信澤ママは「自宅で食べなければ、お弁当(朝食)を持たせてくれればこちらで食べさせます。」とびっくりする返答が!子どもに無理に食べさせない配慮があります。
朝ごはん②
れい君(1歳8カ月)は自分のペースでゆっくり食べています。朝は忙しくて我が子に「早く食べて!」とつい言ってしまいますが、それは酷ですね。子どもと保護者に寄り添ってくれているなーと関心しました。
 
カード遊び。
じょう君(2歳2カ月)は電車カードで遊んでいます。彼は全ての電車の名前と外観を記憶し、電車名を言うとそのカードを的確に探し出すことができます。その子に合わせた遊びで能力の発達を促しています。
朝ごはんの準備 2人目
できるだけ家で朝食を食べる習慣を付けたいですが、子ども相手では無理な時も多々あります。信澤ママは「だって、子どもに無理に食べさせるって大変でしょう?」と一言。働くお母さんの味方です。
 
おいしー♪
なおと君(2歳6ヶ月)はとても満足した表情でおにぎりを頬張って、あっという間に完食しました。10分弱です。子どものリズムに少し合わせてあげるだけで、とてもスムーズにいきます。
検温です。
れい君は受託時に微熱があるとお母さんから連絡がありました。「こまめに検温して様子を見ましょう。」と信澤ママ。今日1日の保育内容を子ども達に合わせて考えているようでした。
 
パイン材の腰壁。
信澤ママの保育ルームは全体的に白を基調にした明るいお部屋です。そこに腰壁があるお陰で木のぬくもりがある空間が作られていて、とてもいい雰囲気です。
壁の飾りつけ。
かわいい飾りつけでお部屋全体がパっと明るく楽しい雰囲気になっています。聞くと信澤ママは幼い頃からこういった工作が好きだったそうです。納得しました。
 
お片づけです。
補助者の井上さんとお片づけを促します。みんなすっかり習慣づいていて、戻すべき所を把握し行動できています。井上さんは保育士の資格もあり、補助者の経験も7年ある心強いパートナーです。
しまちゃん登場!
テーブルにしまちゃんが乗ると、れい君が興味を持って近づいてきました。このぐらいの年令の子達は、性別問わずぬいぐるみが大好きです。子どもの興味を引きたい時にとても効果的です。
 
指人形遊び。
手袋の指先にかわいいお花ちゃん達が笑っています。ちょっとした工夫でただの手袋も楽しい指人形へ大変身です。絵本と並び、人気のある遊びの一つです。
指人形遊び実践中。
この指人形遊び、実は絵本の読み聞かせへ入る前に注意を惹き付けるための前フリなんです。特に男の子の場合は注意散漫になりやすいので、このタイミングでの導入はさすがです。
 
絵本の読み聞かせです。
全員男の子なのに、随分上手にお話しを聞いていられる子達だな、と見ていたら、このイスの配置に納得。子どもが好む狭い半空間を作り、視野を狭めて絵本に集中しやすいようにしています。
水分補給です。
子どもは汗っかきで、すぐに身体の水分が減ってしまいます。さらに自分では渇いていることに気付かないし、気付いても上手く伝えることが難しいです。こまめに水分補給することは必要不可欠なのです。
 
THEテーブル!
信澤ママの工作スキルはここにも発揮されていました。このテーブル、牛乳パックとダンボールで作られいて、ぶつかってもケガをしない硬度です。それなのに丈夫という、いいとこどりテーブルです。
お散歩の準備です。
上着を着るお手伝いです。子ども達も、外出することが分かっているのでスムーズです。毎日、できるだけ同じ時間に繰り返し同じ動作を行うことは子育てポイントの一つです。
AM
10:10
ばあばです。
こちらは信澤ママのお母様です。おしゃれで素敵なばあばです。1日おきに給食を作りに来てくれていて、子どもを見守る目も増え安心です。優しくていい雰囲気です。
トイレちゃん。
いました。陰のサポーターです。トイレトレーニングで大切なことは「嫌がらずにトイレに行ける」ことです。トイレちゃんがいてくれれば心強いですね。腰壁もgoodです。
AM
10:15
お留守番です。
れい君は微熱があるので、この日はお散歩へ行かず、保育ルームでお留守番することになりました。ばあばが絵本の読み聞かせをしてくれているので安心です。
お散歩ルート。
保育ルームを出てすぐに通る道路は、車やバイクは通らないので安心です。公園まで車道との交差点もなく、危険な箇所はありませんでした。安全なお散歩ルートです。
 
遊具遊びです。
公園に到着すると、2人ともすぐにすべり台で遊び始めました。大抵どこの子達も、公園で最初に遊ぶのはやっぱりコレです。
ゲートボール中。
すぐそばでゲートボールが行われていました。みなさんゲームに集中していますから、できるだけジャマにならないよう動きを誘導したりします。公共の場でのマナー的なものを学べています。
 
清らかな青空です。
この日はよく晴れた穏やかな春日和でした。雲ひとつ無い晴天が多いのは東京の最大の魅力の一つだと思います。子どもも大人も、こんな日には元気パワーが沸いてきますね。
バランス遊び。
公園の塀を利用して、子ども達が平均台(バランス)遊びを始めました。こういった細い直線を歩く事は平衡感覚を養え、つまづいたり転んだりすることを予防するのにとても効果的です。
 
バランス遊び②
じょう君はまだ足を踏み外すことが多いので、信澤ママが横からサポートです。どのくらい傾くと身体が横に倒れるのか、どこに足を置くと平均台から外れるのか、失敗の繰り返しから学びます。
春の訪れ。
公園の花壇で明るく咲いてくれている菜の花です。花言葉は「元気いっぱい」で、まさに春にぴったりです。自然は私たちにたくさん恵みを与えてくれます。子ども達にも自然の尊さを伝えていきたいですね。
AM
10:50
帰ります。
この道はgoodです。子ども達が自由に動きながら帰ることができます。車が入ってこないって気が楽ですね。保育ルームも近いので気軽さもあります。
帰宅です。
自分が使った乗用玩具を自分で片付けています。少し大きいですが、しっかり1人で片付けられています。お片付けの習慣は生きる上で基本的な習慣の一つですから、お家でもできるだけ実践しましょう。
 
帰宅後の手洗いです。
石鹸を使い、しっかり手を洗い、うがいをします。じょう君はほぼ一人でできるようになってきているので、信澤ママは見守りながら、足りない時にサポートしてあげます。
給食の準備です。
台所を見ると、ばあばが給食作りに取りかかっていました。下ごしらえはあらかじめ準備してきてあり、きれいにタッパーに保存されていました。保育ルームではひと手間加える程度の状態です。
 
自由な時間。
この時間は子ども達が自由に遊んでいる時間です。それぞれ好きなおもちゃを持ってきたりして過ごしています。もうすぐ給食なのを分かっているようで、ワクワクしている気持ちが伝わってきました。
電車ごっこ。
ゴムひもを使って電車ごっこです。伸びるので、からまっても安心です。危険な状況になることを想定して、代替えできるものは取り換えれば、保育にゆとりがでてきます。
 
手作り靴下入れ。
牛乳パックからできていて、柔らかくて軽いです。安くて丈夫で、手に入りやすくて、加工しやすくて、失敗してもOKで、さらに処分したくなった時も簡単にできる素材はコレしかありませんね!
靴下入れ使用中。
子ども達は保育ルームのルールをしっかり理解しています。大きな集団生活に入る前に、保育ママのところで小規模な集団生活を学べますから、子どもとっても練習になりますし、実は親にとっても練習になるのです。
AM
11:25
もうすぐランチ。
ばあばのランチも最終段階です。プレートを並べて、一品ずつ綺麗に盛り付けられていきます。実はばあばはずっと喫茶店を営んできたプロ。まさに「フレンチ」!美しい料理です。
いただきます。
みんな夢中で食べています。スプーン、フォークも自分で使える年齢なので、見守りながら、軽くサポートする感じです。素材の大きさも全て小さめにカットされているので食べやすそうでした。
 
こぼし対策。
足元に新聞が敷いてあります。ゆとりを持って保育するためにも、こぼしていい環境を作ることは大切です。新聞は水分を吸ってくれますし、最後は丸めてそれごと捨てられるので楽ちんです。
時間差配膳です。
メイン料理がある程度進んだところで、スープが配膳されました。まるでコース料理ですね。贅沢な時間です。配膳に時間差があると、それぞれの料理に集中できるのでダラダラ食べを防げそうです。
 
デザートです。
ラストはフルーツいっぱいの色鮮やかなデザートです。一つ一つが食べやすい大きさにカットされ、ぶどうの皮までむいてあります。種類も多く、ビタミンたっぷりです。器もぴったりで、美しい給食です。
おむつ交換。
食後のおむつ交換です。食事の際に、大抵服が汚れるので、着替えとおむつの時間を同時にとっておくと効率的ですね。なおと君はほとんど自分でできるので、少し手伝うだけで後は全部自分でできました。
 
目かくし。
保育ルーム内にある家具にキルト布がかけてあります。これは子ども達のいたずらを防げますし、柔らかい厚みのある素材なので、転倒した場合にもケガを防ぐのにも役立ちます。
目かくし②
布の中をのぞいてみると、FAXが置かれていました。これは見えていれば、特に男の子ならイタズラの標的です。目かくし布があるお陰で、すっかり安全なスペースになっていました。
PM
12:10
お昼寝の準備中に・・・
布団を敷いて準備をしていると、子ども達はぴゅーっと潜り込んできました。あっという間です。お腹いっぱいで、すでにお昼寝モードです。布団の準備開始から2~3分位でした。
お昼寝の時間です。
信澤ママと井上さんはポンポンしたり、ナデナデしたりして睡眠導入をします。子どもによって、合うやり方は違いますから、それぞれに合わせられるのも保育ママのいいところです。
 
お昼寝の時間です②
じょう君は、いつも最後は信澤ママに抱っこしてもらい、膝の屈伸を使った上下の揺れで眠ります。この態勢、この動き、普通はできませんよ!信澤ママの愛を感じます。
Zzz・・・
10分くらい経つと、みんなすっかり夢の中です。信澤ママに「かわいいですね」と言うと「そうなの^^」とニッコリ微笑んでいました。彼女のほんわかし た優しい雰囲気がとても居心地が良かったです。